1. HOME
  2. ブログ
  3. 3.決算書・経理
  4. 『決算書理解講座38 決算書・申告書の読み方ポイント④』

BLOG

ブログ

3.決算書・経理

『決算書理解講座38 決算書・申告書の読み方ポイント④』

今回のテーマは
『決算書理解講座38
決算書・申告書の読み方ポイント④』について

決算書理解講座37では「損金算入」について説明しました。

今回は、『決算書・申告書の読み方ポイント④』として
「益金不算入・益金算入」について説明したいと思います。

「益金不算入」は、会社が収益として計上しても法人税の上では
益金とならないもののことを言います。

このケースで代表的なものとして「受取配当金」があります。

会社が受け取る配当金は、もちろん会社にとっては収益です。
損益計算書の営業外収益に、受取配当金として計上されます。

しかし、この収益の全部または一部は法人税上、益金とならない
ケースがあります。

例えば、完全子会社の配当や関係法人株式等に係る配当など。

このように「益金」でも損益計算書とギャップが生じることが
あり得ることを頭に入れて頂ければと思います。

一方、「益金算入」は、会社が収益として計上していなくても、
法人税の上では益金としなければならにもののことを言います。

例えば、売上計上漏れがあった場合などのケースがあります。

売上の計上時点については、法人税と会社の考え方にギャップが
あると考えて下さい。

当期計上した売上が100あったとします。
ところが、期末日に、既に出荷を終え相手方に到着していた
商品の売上代金20があって、この20が売上として計上されたのは
翌月1日、すなわち、翌期の初めであったとしましょう。

このような場合、法人税では当期に完了した取引として、益金に
すべきと考えられるケースがあります。

つまり、売上の20を追加し、益金は120と考えるということと
なります。

実務上では、税理士の先生としっかり打合せし、決算書・税務
申告書をつくっていく形となりますが、このようなケースもあり得る、
ということを頭の隅にでも入れて頂ければと思います。

ご理解頂けましたでしょうか?

次回は「所得の金額に関する明細書~別表四~」について
説明したいと思います。お楽しみに!

bt_soudan    bt_shikin</a

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事