1. HOME
  2. ブログ
  3. 5.経営・開業
  4. 『バイオマス発電の更なる普及へ向けて』

BLOG

ブログ

5.経営・開業

『バイオマス発電の更なる普及へ向けて』

今回のテーマは
『バイオマス発電の更なる普及へ向けて』について

政府は2030年度時点の望ましい電源構成(ベストミックス)として、
バイオマスを含む再生可能エネルギー全体の比率を、2013年度の
約2倍に高める目標を示している。

再生可能エネルギーの中でも、木材などを燃料とするバイオマス
発電は、山林が多い地方で新設計画が相次ぐ。

そこで、経済産業省では、バイオマス発電の普及を後押しする
規制緩和策が検討されている。

現状では、バイオマス発電や石炭火力発電など火気が発生する
発電所には、人による監視が義務付けられている。

しかし、小規模設備が多いバイオマス発電では、採算面の足枷せ
となり、普及を妨げる要因にもなっていた。

そこで、通信機能を使って遠隔監視するシステムの導入を小規模な
発電所に限り認める検討に入り、2016年度にも電気事業法の
省令を改正する方向で進める見込みとしている。

規制緩和が行われることで、小規模事業者でもバイオマス発電事業に
参入しやすくなるほか、遠隔監視システムの開発など、新たなビジネスが
地方で盛り上がる可能性が高まる。

今後も注目の動きですね!

bt_soudan    bt_shikin</a

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事