1. HOME
  2. ブログ
  3. 5.経営・開業
  4. 『賃貸住宅の建設で相続税対策~資金調達~』

BLOG

ブログ

5.経営・開業

『賃貸住宅の建設で相続税対策~資金調達~』

今回のテーマは
『賃貸住宅の建設で相続税対策~資金調達~』について

今年1月の税制改正で相続税の課税対象が広がり、相続税対策が
必要な方も増えています。

相続税対策として、マイホームを賃貸併用住宅へ建て替えたり、
駐車場などの更地に賃貸マンションを建設し、土地の評価を
下げる、などを検討されている方も多い。

その場合、建設資金の資金調達が必要となるが、資金調達手法の
1つに住宅改良開発公社の保証活用がある。

住宅改良開発公社と民間の金融機関とが契約締結している所又は
住宅金融支援機構などを窓口に資金調達を行う際、住宅改良開発公社
の保証を入れることで、最長35年の融資が組める。
(個人、法人両方検討可能)

施主は公社指定の施工業者を選ぶ必要があるが、保証料は一般的な
保証業者に比べ3割ほど低い。

この手法のメリットは、長期で融資が組める点であり、相続税対策と
しても、債務が残せるという点で効果がある。

相続税対策をしたいが資金面で悩みを抱えている、といった方が
おられましたら気軽にご相談下さい!

bt_soudan    bt_shikin</a

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事