1. HOME
  2. ブログ
  3. 5.経営・開業
  4. 『農産品の輸出振興を促進~ミャンマー~』

BLOG

ブログ

5.経営・開業

『農産品の輸出振興を促進~ミャンマー~』

今回のテーマは
『農産品の輸出振興を促進~ミャンマー~』について

ゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズの西野氏からの
情報発信です。

日本でも農産品の輸出に力を入れていますが、海外に売るものが
無いミャンマーにとっては、農産品は重要な外貨獲得の為の
輸出品目である。

ところが、ミャンマーの農産品は、安全性に問題があり、市場競争力は
なく、単に安いから買われているのが現状である。

そこで、政府は品質向上を目指すと言うニュースを、お届けいたします。

大統領顧問のティントゥンウーさんは、食品の安全性を担保する仕組みの
不足がミャンマー産農産品の輸出の障害になると問題提起をした。

同大統領顧問は、まず「食の安全は重要」と前提を置く。

「たとえば中国は、需要が旺盛なときはミャンマー産農産品を旺盛に
買ってくれて安全性についてはほとんど不問だが、需要が低迷すると
とたんに『殺虫剤の成分が多量に検出された』などとして優先的に
買い控えられてしまう」と語った。

ミャンマー政府が輸出品に対し安全性を承認していくことで、こうした
買い控えや相手国政府の輸入制限措置に対応し輸出を続けられるという。

この考えをもとに全国の州や管区にある機関に検査機能の導入や権限の
付与を行っていく。

ミャンマーでは殺虫剤の残量や成分を調べる検査機関の数が充分とは
言いがたく、ヤンゴン市内においては1カ所のみである。

ミャンマーも加盟するASEANでは、年内にも経済共同体が発足する。

発足後はますます食の安全性を求める必要が高まると予想される。

bt_soudan    bt_shikin</a

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事