1. HOME
  2. ブログ
  3. 3.決算書・経理
  4. 『決算書理解講座2 貸借と損益の関係』

BLOG

ブログ

3.決算書・経理

『決算書理解講座2 貸借と損益の関係』

皆さん、こんにちは。
クレドの森内です。

今回のテーマは
『決算書理解講座2 貸借と損益の関係』について

前回の決算書理解講座1では、決算書は
1.貸借対照表
2.損益計算書
3.株主資本等変動計算書
から構成されていることを説明しました。

そこで、今回は貸借対照表と損益計算書の関係や違いについて
まとめてみたいと思います。

①数字の内容  
 貸借対照表はある時点の数字(○月○日時点)であることに対して
 損益計算書は一定期間の数字(○月○日~○月○日)となっています。

②貸借対照表と損益計算書の関係
 10人の人がそれぞれ100万円ずつ出し合って株式会社を設立したと
 します。まずは、設立時点の貸借対照表を作成してみると、

 現金 1,000万円/資本金 1,000万円 (以下単位は万円)    
 となります。

 次にこの会社は商品を仕入れました。仕入総額は500万円です。

 現金 500、商品 500/資本金 1,000 
 となり、資産の部(左側)は2種類になります。

ここで貸借対照表の右側に注目して下さい。

資本金は相変わらず1,000万円のままであることに
お気づきのことと思います。

決算書の初歩を勉強される方は、資本金と現金を混同されている
ことが多いので注意してください。

その後、購入した商品は800万円で販売。

売上金の回収は現金で400万円、残りは翌月現金で支払ってもらう
いわゆる掛け売りにしました。

現金 900、売掛金 400/資本金 1,000、 利益 300
となります。

ポイントは
1)掛け売りの残高は、売掛金と表現すること
2)資産の総額(左側)は、300万円増えたこと
3)それは、500万円の商品が800万円で売れた結果であること
4)貸借対照表には、その差額300万円が利益として表示されること
5)貸借対照表の右側に300万円の利益を記載してはじめて

左右の金額が一致すること、となります。

貸借対照表が「バランスシート」と言われるのは、左右の金額が一致する
からなのです。

略してB/Sと記載されることもあります。

次は損益計算書です。

500万円で商品を仕入れた、800万円で商品を販売した
ということでしたので、損益計算書は

売上 800 - 仕入 500 = 利益 300
となります。
  
バランスシートと損益計算書を見比べてみると

<ポイント>
バランスシートからは
1)この会社の総資産は1,300万円であること
2)その内訳は 現金1,100万円、売掛金200万円
3)資本金は1,000万円であること
4)稼いだ利益は300万円であること

損益計算書からは
1)稼いだ利益は300万円であること
2)それは仕入コスト500万円の商品を800万円で販売した
結果であること。

このようなことがわかります。

そして、バランスシートと損益計算書の接点は、利益300万円に
あることがご理解頂けたと思います。

次回の決算書理解講座3では
「稼いだ利益300万円をどうするのか?」
について書いてみたいと思います。

それでは次回をお楽しみに!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事