1. HOME
  2. ブログ
  3. 5.経営・開業
  4. 『ミャンマー国内の両替所で高額の米ドル札が不足』

BLOG

ブログ

5.経営・開業

『ミャンマー国内の両替所で高額の米ドル札が不足』

今回のテーマは
『ミャンマー国内の両替所で高額の米ドル札が不足』について

ゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズの西野氏からの
情報発信です。

ミャンマーでの米ドル高騰のニュースをお届けします。

西側諸国への経済開放を掲げるミャンマーでは、米ドルが
高騰。

例えば、ミャンマー国内の両替所での高額面の米ドル札が
不足して、これは、対チャットで米ドルが高騰している影響と
言われている。

主に不足ているのは100ドル札で、100米ドルの受け取りが
20米ドル札5枚というような傾向がある。

ミャンマーでは一般的に米ドル札は額面によって換金レートが
異なり、額面の大きなものほど高く設定されている。

oanda.comによると8月21日の買取レートは、1ドル=1,260チャット。
今後もこの傾向は続くと思われます。

ですので、ミャンマー渡航の際は、米ドルをミャンマーに
持ち込み、現地の通過であるチャットに両替をするよりも、
日本円をミャンマーに持ち込み、現地の両替所で両替でチャットに
両替をする事をお薦め致します。

bt_soudan    bt_shikin</a

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事