1. HOME
  2. ブログ
  3. 5.経営・開業
  4. 『日本3行進出 銀行免許を申請~ミャンマー~』

BLOG

ブログ

5.経営・開業

『日本3行進出 銀行免許を申請~ミャンマー~』

皆さん、こんにちは。
クレドの森内です。

今回はゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズの西野氏からの
情報発信です。

テーマは
『日本3行進出 銀行免許を申請~ミャンマー~』
について
今回は、ミャンマーでの日系銀行の進出状況をお知らせする
ニュースです。

新聞が伝えるところによりますと、
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は、ミャンマー政府に
現地での銀行免許を申請する。

9月にも5〜10行程度の免許交付先が決まり、選ばれれば来年以降、
順次、銀行業務を開始。民主化と経済成長の進むミャンマーへの日本企業の
進出を後押しする。

ミャンマーでは現在、日本の3行を含む約40の外資系銀行が駐在事務所
などを置き、企業への情報提供などを行っている。

しかし、外資への規制が厳しいため、支店を開設できず、融資や送金、
外貨両替、預金などの銀行業務は認められていない。

2011年に誕生したテインセイン政権は海外企業の誘致には、資金力の
豊富な外資銀行の受け入れが必要と判断。

外資に銀行免許を与えることにした。

日本勢は三井住友銀が12年に最大手のカンボーザ銀行と業務提携したのを
皮切りに、三菱東京UFJ銀、みずほ銀も地元銀行と提携し、取引先企業の
米ドル送金などを仲介している。

銀行免許が下りれば、貿易決済や海外送金などのサービスを進出企業に
直接提供できるようになる。

2015年5月には、最大都市ヤンゴン近郊のティラワ工業団地が操業を
始める。

今年中に進出企業約30社が出そろう見通しで、今月、進出を決めた
自動車部品の江洋ラヂエーター(名古屋市)をはじめ、半数以上が
日本企業となりそうだ。

銀行免許については、タイやシンガポール、中国などの銀行も取得を
申請しているとみられるが、進出企業の多さから日本勢が入る可能性は高い。

みずほ銀の坂井辰史常務執行役員は「銀行の人材やノウハウを生かして
企業進出を後押ししたい」と意欲を見せる。
と報じております。

現在は、日本からミャンマーへの送金は出来るのですが、
ミャンマーから日本への送金が出来ませんでした。

よって、一旦、シンガポールなどの銀行を中継させて、日本への
送金をしておりましたが、いよいよ、ミャンマーから日本への
直接送金が出来る事が確実になりました。

これで、より安心して日本企業はミャンマーへの投資が加速されて
行く事になるしょう。

最後まで読んで頂きありがとう御座います。

この他に、ゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズのホームページでは、
ミャンマーに関するニュースを日々更新しております。

是非、ホームページもご覧下さい!

ゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズ

また、無料のメルマガも配信しております。
ここから登録が出来ますので、宜しくお願いします。

====================================
資金調達・新規事業・企業永続のことなら
クレド株式会社 森内 秀人
■本店:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11番4号
大阪駅前第4ビル9階923-743号
■電話番号: 06-6105-2356
■FAX番号: 06-6345-7931
■E-mail:moriuchi@credo-biz.com
■ホームページ:http://www.credo-biz.com/
====================================
中小企業を元気に!『変化へのチャレンジ』ブログ

 

youporn
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事