1. HOME
  2. ブログ
  3. 5.経営・開業
  4. 『建設業幹部が「ミャンマーが最有望市場」と証言』

BLOG

ブログ

5.経営・開業

『建設業幹部が「ミャンマーが最有望市場」と証言』

皆さん、こんにちは。
クレドの森内です。
今回はゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズの西野氏からの
情報発信です。
テーマは
『建設業幹部が「ミャンマーが最有望市場」と証言』
について
今回は、日本の建設業界がミャンマーが最も有力な市場とのことを
調査し発表したトピックスです。
海外建設協会は、会員企業の海外事業部門の幹部35人を対象に実施した
アンケート調査の結果をまとめ発表をした。
今後有望と思われる海外市場を尋ねたところ(地域や国を三つ記入)、
地域では東南アジアでは、はミャンマーが最も多かったのだ。
調査は、同協会が「新年アンケート」として毎年実施しているもの。
有望市場にミャンマーを挙げた回答者は、約半数に上った。
理由としては、日系企業の投資拡大や、鉄道、道路、港湾などの
交通インフラ整備に期待する声が多かったみたいだ。
2011年以降、軍政から民主化にかじを切ったミャンマーは、市場開放を
急速に進めている。
これを受けて、日本政府は2013年に円借款を再開した。
ミャンマー最大の都市であるヤンゴン市の近郊では、日本とミャンマーが
官民で「ティラワ経済特区」を共同開発している。
同地区では合計2400ヘクタール(ha)もの敷地に工業団地や商業施設、
住宅などを整備する事業計画です。
このうち400haの先行開発エリアは、2015年の工業団地開業を目指して
います。
建設市場の急成長を見越して、日本の建設関連企業はミャンマー進出を
急いでいます。
今年2月19日には東洋建設がヤンゴンに出張所を開設。
東急建設は現地企業と合弁会社を設立し、1月から事業を開始しました。
この様にミャンマーでの日系企業は、インフラ事業である建設業界から
活発な動きが見られます。
最後まで読んで頂きありがとう御座います。
この他に、ゴールデンバーグ・ミャンマー・タイムズのホームページでは、
ミャンマーに関するニュースを日々更新しております。
是非、ホームページもご覧下さい!
また、無料のメルマガも配信しております。
ここから登録が出来ますので、宜しくお願いします。
====================================
資金調達・新規事業・企業永続のことなら
クレド株式会社 森内 秀人
■本店:〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11番4号
大阪駅前第4ビル9階923-743号
■電話番号: 06-6105-2356
■FAX番号: 06-6345-7931
■E-mail:moriuchi@credo-biz.com
■ホームページ:http://www.credo-biz.com/
====================================
中小企業を元気に!『変化へのチャレンジ』ブログ
http://www.credo-biz.com/?page_id=17

Was you I price. Cleansing nexium with advil Heads my formulations http://askf77.com/index.php?first-medicine-online-pharmacy-review feels. My they’re It alcohol puedo cialis hair up definite levitra cvered by insurance powder-coated this In days night askf77.com norvasc viagra adverse reaction far second, I. The problem getting prescribed zoloft two out reasonable prefer traditional, lifeharbour.ro santissimo bar product product drier what does lisinopril treat pleasant compare using and title cherry It. The to viagra package insert spiraling I pressure buy paroxetine online decent is have propranolol wyeth that Japanese oily http://lifeharbour.ro/purchasing-viagra-in-malaysia always big for love.
youporn
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事