291101-1

飲食事業は夢と希望を与える素晴らしい事業である反面、競争過多で事業のライフサイクルも短い点がリスクとして挙げられます。

そこで、アイデアとマーケットを絞った飲食事業を展開する新たな試みも行われています。

新業態へのチャレンジ

ある企業では、「肉×カフェ」という全くの新しい業態へチャレンジし盛況している飲食店を営む。

この飲食店は、朝食、昼食、カフェタイム、夜の4つの時間帯でメニューを変えている点が特徴という。

朝食に肉料理?と感じる方も多いと思うのですが、カフェ+ハンバーガーやカフェ+ホットドッグといったメニューを安価に提供できる仕組みをつくり新たなマーケットをつくろうとしている。

カフェの利益率が高いため、本格的に作り上げたハンバーガーやホットドッグを安価に提供できる仕組み
で挑む。

291101-2

 

健康マーケットの開拓

スポーツ選手やスポーツに興味を持つ消費者をターゲットにしたビジネスモデルを構築している
飲食店もある。

スポーツ栄養学の専門家がメニューを考案し、手ごろな値段でメニューを提供。

店内にはシャワールームも設け、ウォーキングやジョギング中の方でも立ち寄れるよう工夫している。

また、売上の一部をオリンピック出場を狙うような選手の強化費用として提供することも行なっている
という。

健康ブームや東京オリンピックの開催など、スポーツに関するムードは盛り上がりを見せています。

自身の健康管理に加え、東京オリンピックを応援する仕組み創りがとても面白いビジネスモデルに
なっている。

まとめ

今後も様々な分野で、アイデアとマーケットを絞った事業創造が新たなチャンスに繋がり、新たな価値の
提供が行われることに期待ですね!

お問い合わせ